2017年10月アーカイブ

こんにちわ、ごんもりです。
先日9月17日に「相馬で気仙沼さんま寄席」に行ってきました!
今回はその模様をお話しします。

震災の年(2011年)の10月に気仙沼市長菅原茂さんと糸井重里さんが
会ったことからはじまった気仙沼さんま寄席。
落語家立川志の輔さんも巻き込んで、
東京目黒のさんま祭りでふるわまれる気仙沼の新鮮なさんま代を稼ぐため、
全国のお客さんを気仙沼に呼び込もうとはじまりました。

今年はそれを福島の相馬市で。
私は2015年5月30日第3回in気仙沼に続く2回目の参加です。


初めての相馬ドライビング!
ただいま9:20、ドキドキしながら出発です。
グーグルさんは1h15mって言ってたのに、カーナビさんは2hと言っている。
お昼前に相馬神社に行こうと思っていましたが、ランチ場所に目的地変更です。
 

お昼は、キッチンポテの予定。
ガーリックチキンのふわふわオムレツが目当てです。
開店ジャスト11:00に、お店前に到着! でも
あれ? 開いてない。本日は11:30にオープンかあ・・・。
じゃ、先に相馬市民会館の場所を確認しに行こっと。


うっわ、立派な建物だ~。城下町にピッタリの白壁に屋根瓦。
せっかくなので隣の相馬市歴史資料収蔵館を見学。
2Fの常設展にびっくり! 報徳コーナーがある!
江戸後期、困窮した相馬藩は二宮尊徳の教えから報徳思想の御仕法を導入したそう。
二宮尊徳はですね、私の出身地:小田原のひとなんですよ。
こんなところで小田原と相馬がつながっていたとは。
胸熱です。


さてキッチンポテに戻りまして、11:40.
あっ、車いっぱい。そして満席。・・・残念。
なんかもう時間ないし、コンビニ飯にして相馬神社に行くかあ。
あっ!御朱印帳忘れた。


相馬神社に行く道すがら、報徳庵発見。
ここもほぼ日刊イトイ新聞で紹介されてた美味しいところ。
偶然に感謝して、扉を開けるとびっくり。人が歌ってる。地元の方もいっぱい。
週末に開催されるそうま復興ライブ。
ひと隅にお邪魔して、ギター弾き語りの歌声を堪能。
その後あわてて食事。

写真①.jpg
からあげ定食 肉厚で柔らかくて美味しかったです。


写真②.jpg
ん? odawara?
そうですよ「報徳」庵だもの。関係あるはずだ。
このお店の内装は、全部小田原の杉の木を使っているんだそう。


13:30相馬市民会館に戻ります。
いよいよ相馬で気仙沼さんま寄席。

写真③.jpg


14:00出囃子が鳴り響き、開演。
本日の立川志の輔師匠の演目は、
親の背中、ちりとてちん、柳田格之進。
大笑いしたり、びっくりしたり、しんみりしたり。すごく楽しかった!
何人もの人が志の輔さんを通して現れて、引き込まれました。
合間に糸井さんと志の輔さんのちゃぶ台トーク、
そしてふつうにお客さんとして常磐線で来られた矢野顕子さんが2曲歌ってくれたり。
最後にみんなで記念撮影、そして志の輔さんの音頭で三本締め。

写真④.jpg
右側の立っている一団の中に私がいます。


そして18:15帰路へ。
台風の雨風が強い中、
おっかなびっくりハンドルを握りしめ帰路についたのでありました。


ご興味があれば、こちらもどうぞご覧ください。
ほぼ日刊イトイ新聞 相馬で気仙沼さんま寄席
http://www.1101.com/shinosuke_souma/index.html


以上。
(権守)