2016年1月アーカイブ

昨日の大雪は皆様大丈夫でございましたでしょうか。

私の地元は山形なので積雪は3、40センチは当たり前で慣れているはずではありますが
さすがに突然の雪には敵わなかったです。

仙台も全国ニュースで大雪を中継してましたね。

暖冬だからと油断はできないものです。

突然ですがこんな寒い季節にお鍋やおでんなども良いですが、たこ焼きなどはいかがでしょうか!!

IMG_7876.JPGIMG_7881.JPGのサムネール画像
なかなかお腹いっぱいに食べる機会はないものですが、たまに食べるとおいしいですね。

意外と体も暖まります。
                                  (駒 澤)

寺澤(@バンコク→@仙台)です。

今朝、通勤途中、あまりに寒かったので、ふとスマホの天気の画面に目を遣りました。気温を見ると、仙台はマイナス4度でした。東京を見ると3度、バンコクに至っては24度でした。同じ地球かと思うくらいの気温の違いですね。

私は、天候や気温は、その地域に生活する人間の性質に大きな影響を与えるものと考えています。日本のように四季があり、特に厳しい冬があると、生き残るための"生存本能"のようなものが刺激される気がします。極端ですが、裸になって屋外で寝たら死にますし、食べなければ寒さで凍死してしまう環境です。この生存本能こそが日本人を強くし、世界最高水準の技術力を手にするに至った原動力なのではないかと思います。

他方、タイですが、まさに常夏です。日本人からは羨ましい限りです。日本人のような生命維持のために苦しむことなどありません。このため、気質としては日本人と正反対だと思います。写真はバンコクのカウントダウン・パーティーの様子です。暖かいのです。
IMG_0659.JPG
それでも、たくさんの日本企業がタイに進出し、タイの方々を雇用して事業を行っています。バンコクで、私の大学の同期卒業が6人おり、たまに会っていましたが、どんどん似たような期の卒業生が現れてきました。日本人の多さを物語っています。

日本は島国です。古来より日本人にとって「外国を見た」ということは非常に重要な意味を持ち続けてきました。「外国を見た」人間が、要所要所で日本の変革に大きな影響を与えてきました。
もちろん、従来は、日本に先行する欧米を中心とした「外国を見る」ことが新しい文明の吸収という面からは重要でした。その新しい文明を日本人に広げることが彼らの役割でした。
しかし、先進国の仲間入りをし、世界に自国の技術等を伝播していく、あるいは少子化で外国の労働力を受け入れざるを得なくなった日本にとって、今後は、異質の人間、文化と触れ合うこと自体が重要になってくるような気がします。日本人が外国人に影響を与える必要が生じているのです。
私もそうですが、日本人は一般に外交下手だと思います。タイ人は地続きで様々な国と接しているため、外交上手です。外交は、外国人に影響力を行使し、自分の主張を受け入れてもらうことだと思います。

今後の日本人にとっては、「外国を見た」ではなく、「外国に住む」、あるいは「外国人を理解する」ことが重要になってくるのではないかと思っています。

(寺澤)
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、スクラムマネジメントは今月20周年を迎えることとなりました。
20周年を迎えるにあたり、仕事納めの日に社員皆でお祝いをしました。

お祝のケーキとワインのサプラーーーーイズ💛

ケーキの前で喜びいっぱいの吉田さんと三井さん↓↓
(残念ながら杉井さんはその日不在でした)
2人とも素敵な笑顔です♪♪
IMG_0653.JPG

これからの20年もスクラムを組んで皆で頑張っていきましょう!

(いとう)