2015年10月アーカイブ

最近読んだ本の中でこんなことが書いてありました。

「親」という字について、

左側の部分、「木」の上に「立」という字
右側の部分、「見」という字

そうです!「木」の上に「立」って「見」る。
これこそが「親」としてのあるべき姿です。漢字はそのように
いろんな思いからできてるんだと感心しました。

何日か前に幼稚園に通う子供のことで妻にこんなことを言われ
ました。

「雫月(しずく)ちゃんと結婚したい」って言ってる同じクラス
の子がいるんだって!

あっそう・・・ふぅ~ん。なんていう子?と一言

その後の幼稚園でのイベントごとではその子がどんな子なのか?
運動会でかけっこは何位なのか?音楽会での口の開き方はどう
なのか?・・・・・・・・・・・!
っとなぜか気になる始末です。

「木」の「上」に立って「見」守る!!!「親」とはそういう
もの・・・。

安心してください!動揺してませんよ!

来たるべき未来が楽しみです。

(阿部)
去る8月30日(日)に私の地元でもあります福島県伊達市主催の第55回伊達ももの里 マラソン大会」に参加いたしました。
当日は、朝方雨が降っておりましたが、各種スタートの時間帯は雨も止みり空となり、絶好のマラソン日和となりました。
(例年ですと30度を超す暑さの中の大会で、大変に酷なのです)
全国38都道府県から約6,000名の参加者で年々増加し、市をアピールするには変喜ばしい事ですね。
 さて、私は5km男子50歳代に挑戦し何とか完走する事ができました。
記録はネットタイム30分17秒、総合順位1,275人中 814位と決して褒められた績ではありませんが、目標としておりました完走が達成され大満足しております。
次回は11月8日(日)の亘理マラソンに参加申込をいたしました。
次回もタイムを目標とせず、完走を目標に楽しく走りたいと思っております。

(津田)

去る10月3日、東日本大震災復興支援チャリティーウォーク2015に参加してまいりました。

DSC_0381.jpg

この大会は、未だ津波の傷跡が残る地域を中心に自らの足で20キロという距離を歩く事で、被災地の現況を『足』で体感し、復興の息吹を『目』で確かめ、更なる復興支援に向けての機運を高める一助にすることが目的とされています。

仙台空港をスタートし、沿岸部を歩きながら、ゴールである三井アウトレット仙台港を目指します。

スタートやチェックポイントでは声優の山寺宏一さんが応援してくれました。
山寺さんは、ウィル・スミスやエディ・マーフィの吹き替えで有名ですが、アンパンマンの名犬チーズもスタート当時からやっているそうです。

DSC_0390.jpg

山ちゃんはわが母校、多賀城小学校の先輩と聞いていましたが、Wikipediaでは塩釜出身となっており、「はて?」と思っておりましたが、ご本人曰く「多賀城、利府にしか住んだことないけど、ウィキで書いてあるからそうなんでしょう(笑)」
Wikipediaってそんなものなんですね!

さて、本題の20キロウォークですが、チェックポイントである8キロ地点でドーナツ、13.3キロ地点では芋煮とみかんが振る舞われました。(芋煮は何故か山形風)
これが、かなりモチベーションをあげてくれました。

マラソンと違い、途中、コンビニでの休憩もOKです。各自、自分のペースで歩きます。
私たちは夫婦での参加でしたが、ゴールまで休憩含め約4時間20分でした。周囲の景色に復興の息吹きがあまり感じられなかったことには胸が痛みましたが、何もないところを夫婦で4時間歩いたことは、とてもいい経験になったと思います。

(おのでら)
週末、実家の家族と秋保温泉に旅行に行ってまいりました。
私の父が10月で70歳の古希を迎えそのお祝いにと計画していた旅行です。
心配していた天気も回復し旅行日和となりました。

シルバーウィークは混んでると思いわざと時期をずらしたのですがそれでも旅館は混んでました。
久々の温泉で心も体もリフレッシュです。
両親も孫と丸1日遊べて満足してくれたでしょうか。

翌日は気になっていたピザ屋さんと今更ながらに秋保ビレッジへ
ピザ屋さんは開店待ちの人がいるほど大人気でした。
味もすごくおいしかったです。
写真は食い意地が勝ったため取り忘れました・・・。

秋保ビレッジは駐車場も広く少し立ち寄っただけでは見切れなかったので今度あらためてドライブがてら行きたいと思います。

(清野)