スクラムマネジメントでは社会福祉法人様の経営支援を行っております。自立経営の支援お任せ下さい。




「規制」「助成」から「自立・自律」へ

従来から「福祉」の分野においては、国を中心とした行政からの税金を財源とした措置による手厚い保護がなされてきました。これはある意味自己負担がほとんどないという最大のメリットがありながらも、半面一般社会と隔絶した自由度の少ない世界となっておりました。

施設運営も厳格なルールに従って、当初立てた予算を実行(消化)することが最も適切な運営と位置づけられてきました。 しかし、今日「措置」から「契約」に変わることにより、社会福祉法人の自主性が広がり、また利用者の選択の幅が広がることにより子どもからお年寄り、そして障害者に至るまで福祉の分野においては非常に開かれた業界へと変貌を遂げてきております。

つまりは福祉の業界も「規制」「助成」から「自立・自律」へと、法人の経営責任が問われてくる時代へ と変化してきております。

参考資料「社会福祉法人経営の現状と課題」
hukushi_03.jpg