宮城県仙台市を中心に月次決算、月次巡回監査、自計化支援、決算監査、決算申告、キャッシュフローなど会社経営支援を行う税理士法人スクラムマネジメント




事業計画・経営理念

創業を決意した「あの時の気持ち」を再び・・・

事業計画は、理念(精神的財産)、仕組み(知的財産)、資金(物的財産)という「基本の3つ」をどう考え、どう準備し、どう動かしていくのかを綿密に計画したものからはじまります。

経営理念の作成支援 
なぜ創業しようと思ったのですか?・・・そこにはいろんな「思い」があり、「生き方」があります。
決して正解などはありませんが、一つ共通して言えること・・・それは・・・
自分の夢が実現し、それが社会に役立ち、みんなが幸せを感じるようになるということ!ではないでしょうか!
さあ、まずは社長の心の中に眠っている経営理念を呼び起こしましょう!
そこがスタートです!
すでに経営理念があり、心の中に眠ってしまっている方も、これから経営理念を作成したい方も、我々と一緒に考えて、これからの「心のよりどころ」としませんか?

現状の把握
「心のよりどころ」ができたら、次は現状の把握ではないでしょうか?

自分の健康状態を把握するのとまったく同様です。会社も生き物!是非その健康状態を把握して
欲しいと思います。
今月は黒字なのか、赤字なのか?通帳の残高は増えたのか、減ったのか?経営者の方々誰しもが最も気になることだと思います。
特にお金は「血液」と同じです。自社のお金の流れは明瞭で、「サラサラの血液」と言えますか?
サラサラであれば、やりたい事がどんどん増え、夢もより現実味を帯びてきますし、ドロドロであれば、早い段階でサラサラにしないといけませんね。
「病は気から・・・」と言いますが、まずは皆様の気持ちの変化こそ「最善の良薬」を作り出すと考えます。経過は次の経営支援の中で、一緒に見ていきましょう!

経営支援
「現状を把握する」ことができたら、実際に行動し、検証してみることが必要です。

① 何といっても売上
② 地道な経営努力をしているか
③ 節約の心構え
①~③はどんな会社にも共通している当たり前のことですね!
入ってくるお金よりも出ていくお金が多ければ、当然赤字になるし資金繰りも厳しくなります。
その逆であれば黒字になり、資金繰りも楽になるはずです。
難しいことは一切ございません。
そのバランスに早い段階で気づき、検討していけるかどうかが重要なんです。
つまり、損益計算書(P/L)よりも貸借対照表(B/S) に注目できるかが、大きな分かれ道です。

継続マスシステムのPDCAによる経営支援
P(計画)→D(実行)→C(検証)→A(対策)から、数年後の貸借対照表をイメージしましょう!

sup_05.jpg今後生き残っていく上では、会社に体力を残すことが重要です。
その為には利益を出し、適正な納税をすることに限ります。

納税をするということに関して違和感を感じる方もいると思いますが、どんなに利益を出そうが、その税率は法律で決められております。
それ以上払う必要はありません。

どうにかして税金を少なくしようと考える時間があるならば、商売の基本である売上をどう伸ばすかを真剣に考えた方が得策だと思いませんか?計画を数字に落とし込み、仮説を立てて夢を膨らませましょう!