会計税務専門用語集です。




農業法人

農業法人とは「法人形態」によって農業を営む法人の総称であり、農業法人には「農事組合法人」と「会社法人」の2つのタイプがある。

農業法人は、農地の権利取得の有無によって、「農業生産法人」と「一般農業法人」に大別される。

農業生産法人は、"農業経営を行うために農地を取得できる法人"であり、有限会社、農事組合法人(農業経営を営む、いわゆる2号法人)、合名会社、合資会社、株式会社(株式の譲渡制限のあるものに限る)の5形態。また、事業や構成員、役員についても一定の要件がある(ただし、農地を利用しない農業の場合は農業生産法人の要件を満たす必要はない)。
法人化する場合、どのタイプの法人を選ぶのか、それぞれの法人形態の特色や自らの経営展望に照らして選択する必要がある。