会計税務専門用語集です。




医薬分業

医師の診察を受けた後に、医療機関で薬の代わりに「処方せん」が渡される。この「処方せん」を医療機関の外の保険薬局に持参し、薬局の薬剤師が調剤する制度を医薬分業という。医師と薬剤師、それぞれ専門家が医薬品の使用をダブルチェックし、効きめや安全性を一層高め、よりよい医療の提供を行うための制度である。